twitter youtube facebook linkedin email

オートデスク ニュース

ニュース
17 hours ago

Autodesk、建設分野のサステナビリティとレジリエンスを推進するクラウドツールを提供

米国 Autodesk 社(本社:米国カリフォルニア州/代表取締役社長 兼 CEO:アンドリュー・アナグノスト、以下、Autodesk)は、建設分野においてサステナビリティとレジリエンスを推進するクラウドツールの提供を Autodesk University 2021 にて発表しました。

近年、建設・エンジニアリング・建築分野においても、気候変動や新型コロナウイルス感染症などグローバルな課題に直面するなか、持続可能で回復力のある豊かな未来を創造するために、これまでの働き方を協力して変えていく必要があります。

Read more

Recent Posts

Autodesk Construction Cloud、ソリューション強化で大きな進化の一歩へ

米国 Autodesk 社(本社:米国カリフォルニア州/代表取締役社長 兼 CEO:アンドリュー・アナグノスト、以下、Autodesk)は、Autodesk Construction Cloud の優れた新機能を追加し、パートナーエコシステムを拡張しました。新しい機能により、建築プロジェクト間のワークフロー連携は 1 つのプラットフォームで提供できるようになり、新しいスケジュール管理ツールを含む Autodesk Build の進化は建設ライフサイクル全体でオフィスと現場のチームやデータをより強固に結びつけます。

Autodesk Japan Communications

Autodesk、Fusion 360 の製品設計機能を拡張

米国 Autodesk 社(本社:米国カリフォルニア州/代表取締役社長 兼 CEO:アンドリュー・アナグノスト、以下、Autodesk)は、クラウドベースの 3D モデリング、CAD、CAM、CAE、PCB ソフトウェアプラットフォームである Autodesk® Fusion 360® において、新たな製品設計機能を拡張しました。

Autodesk Japan Communications

Autodesk University 2021、グローバルカンファレンスを開催

米国 Autodesk 社は 10 月 5 日から 14 日まで、世界中のイノベーターをバーチャルで迎えて、年に 1 度のデザインとものづくりのカンファレンス「Autodesk University (AU) 2021」を開催しています。建築・エンジニアリング・建設、土木工学、設計・製造、メディア & エンターテインメントの各分野の専門家のためのグローバルな学習体験は、すべて、Autodesk のテクノロジーを活用して新たな可能性を探求し、それぞれの業界の発展に役立てるよう考案されています。

Autodesk Japan Communications

気候変動についての良いニュースと悪いニュース、そして掴むべきチャンス

先月、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、第6次評価報告書(AR6)の第 1 章を公表しました。数十万人にも及ぶ科学者らの意見を取り入れたこのレポートは、将来の気候変動に関する最も権威ある文書として広く認められています。今秋、オートデスクは第 26 回気候変動枠組条約締約国会議 (COP26)に参加します。これは、各国政府関係者や気候変動枠組条約締約国が一堂に会し、気候変動への取り組み方について合意を形成する機会となります。AR6 に掲載されたデータは、こうした協議の行方を大きく左右するものとなることでしょう。

Autodesk Japan Communications
ノートルダム大聖堂の修復にデジタル技術、BIM を採用

フランス・パリにあるノートルダム大聖堂の保全と修復を担当する公施設法人は、オートデスクより正式な支援を受けることを発表しました。

プロパティデータバンクとオートデスク、不動産管理に対応した BIM 連携機能の開発を完了

プロパティデータバンクとオートデスクは、不動産クラウドサービス「@プロパティ」のオプション機能としてサービス提供を開始しました。

Autodesk Shotgun が、「アカデミー科学技術賞」と「技術・工学エミー賞」をダブル受賞

2020 年度の「アカデミー科学技術賞」が、Shotgun に授与されることが発表されました。

オートデスクの後援で独立機関が実施した調査レポート シリーズ: ネクスト ノーマルにおける成長戦略について

オートデスクは、ニュー ノーマルにおけるビジネス成長戦略をテーマとした 3 部構成の調査レポートの第 1 回目を発表しました。

YKK AP、Autodesk Revit 向けビル商品の BIM パーツを公開

YKK AP は、Autodesk Revit で利用できるビル主要商品の BIM パーツを公式ホームページにて公開しました。

オートデスク、ジェネレーティブ デザインでヒョンデの未来の「歩く車」を強化・軽量化

「車とロボットを組み合わせたとしたらどうなるのか?」 ヒョンデ グループのジョン・スー副社長のこの問いに、多くの人はこう答えるでしょう。「トランスフォーマーだ!」

Browse

No more articles.
Load More
'