twitter youtube facebook linkedin email

オートデスク ニュース

ニュース
19 days ago

オートデスク、ロゴおよびルック・アンド・フィールを刷新

オートデスクは本日、新たなルック・アンド・フィールを発表しました。新たなロゴに加え、ブランドカラーやイメージも変更しています。

Read more

Recent Posts

瞬時に共有可能な現場の知見を蓄積することで、まだ見ぬ未来の建物の品質を担保する

TV コマーシャルでおなじみの戸建住宅のみならず、賃貸住宅や商業施設・物流施設、医療・介護施設など、多様な建築事業を展開する大和ハウス工業。その好調の裏には、若手・現場所長たちの情熱と、それを下支えする「デジタル・コンストラクション・プロジェクト」の存在がありました。今回は同社横浜支社関東工事部統括部長である石澤一晃氏と同部工事第一部で活躍する清水慶典氏にインタビュー。PlanGrid 活用の現在と未来についてうかがいました。

Autodesk Japan Communications

教育、能力開発、そして切磋琢磨によって持続可能な成果を創出

サステナビリティは、コラボレーションによってのみ達成することができます。そしてオートデスクにとってのコラボレーションとは、役職に「サステナビリティ」を冠する社員だけでなく、すべての社員が関わることを意味します。セールスチームやカスタマーサクセスチームも大きな役割を担っており、お客様が求めるビジネス上の成果と、その達成に必要なツールを特定することで、コラボレーションに貢献しています。

Autodesk Japan Communications

IDC Infobrief:デジタル技術で COVID-19 の影響を克服するための建設業界の取り組み

オートデスクの依頼により米調査会社 International Data Corporation(IDC)は、日本を含むアジア太平洋地域(APIJ)の建設業 283 社を対象に、新型コロナウイルス感染症の影響とその回復状況、ならびに今後を見据えたデジタルソリューションの拡充に関する調査(2020 年 7 月から 10 月にかけて実施)を行い、 2021 年 1 月に発表しました。本稿はその抜粋です。

Autodesk Japan Communications

よりサステイナブルな未来に向けたお客様とのパートナーシップ

オートデスクは 10 年以上前から、サステイナビリティをビジネスや製品に組み込むことが、気候変動の影響軽減につながると認識してきました。いつからのことなのか正確には分かりませんが、お客様の間でも大きな変化がありました。現在、多くのお客様がサステイナビリティをビジネスにおける優先事項として位置付けています。実際昨年、一部のお客様を対象に調査を行ったところ、約 90%* のお客様が二酸化炭素排出量を管理するテクノロジー ソリューションの導入を計画していることがわかりました。

Autodesk Japan Communications
ノートルダム大聖堂の修復にデジタル技術、BIM を採用

フランス・パリにあるノートルダム大聖堂の保全と修復を担当する公施設法人は、オートデスクより正式な支援を受けることを発表しました。

プロパティデータバンクとオートデスク、不動産管理に対応した BIM 連携機能の開発を完了

プロパティデータバンクとオートデスクは、不動産クラウドサービス「@プロパティ」のオプション機能としてサービス提供を開始しました。

Autodesk Shotgun が、「アカデミー科学技術賞」と「技術・工学エミー賞」をダブル受賞

2020 年度の「アカデミー科学技術賞」が、Shotgun に授与されることが発表されました。

オートデスクの後援で独立機関が実施した調査レポート シリーズ: ネクスト ノーマルにおける成長戦略について

オートデスクは、ニュー ノーマルにおけるビジネス成長戦略をテーマとした 3 部構成の調査レポートの第 1 回目を発表しました。

YKK AP、Autodesk Revit 向けビル商品の BIM パーツを公開

YKK AP は、Autodesk Revit で利用できるビル主要商品の BIM パーツを公式ホームページにて公開しました。

オートデスク、ジェネレーティブ デザインでヒョンデの未来の「歩く車」を強化・軽量化

「車とロボットを組み合わせたとしたらどうなるのか?」 ヒョンデ グループのジョン・スー副社長のこの問いに、多くの人はこう答えるでしょう。「トランスフォーマーだ!」

Browse

No more articles.
Load More
'