twitter youtube facebook linkedin email

オートデスク ニュース

オートデスクの後援で独立機関が実施した調査レポート シリーズ: ネクスト ノーマルにおける成長戦略について

HIDE SHIMIZU
January 19, 2021

2020 年春、新型コロナウイルス感染症が世界を席巻した直前に、オートデスクはビジネス リーダーを対象にアンケート調査を実施しました。彼らにとって重要な問題は何かを調べることで、ブランド ジャーナリズム計画に取り入れることがその目的でした。
しかしオートデスクは 1 回目の調査結果を収集後、アンケートの質問を修正する必要があることに気づきました。回答の中に、「質問が的を射ていません」という意見があったのです。「今考えられることはただひとつ、このニュー ノーマルの時代にどうすれば成長できるかということです」

予期していた意見ではありませんでしたが、オートデスクはこれをきっかけに、この問題をテーマとした調査を独立機関に依頼しました。そしてオートデスクの後援のもと、調査会社 Altimeter Group のシニア テクノロジー アナリストであり、TED Talk の「What Do We Do With All This Big Data?」(ビッグデータにどう向き合うべきか?)の講演者である Susan Etlinger 氏が、グローバル リサーチを実施。ニュー ノーマルにおけるビジネス成長戦略をテーマとした 3 部構成の調査レポートの第 1 回目を発表しました。

タイトルは『職場の再構築による成長戦略』です。シリーズ第 1 回目の本レポートでは、分散した職場の役割を成長の原動力の観点から考察しています。新型コロナウイルス感染症のパンデミックや、マクロ経済、業界、デザイン・設計、テクノロジーの動向による主な変化を検証し、ビジネス リーダーが検討する必要のある重要な戦略を特定し、さらにさまざまな業界のビジネス リーダーによる知見や戦略を紹介しています。

主な調査結果:

  • もたらされた影響は業界によって大きく異なりますが、企業文化への影響は一貫しています。
  • 職場がさまざまな場所に分散するなかで企業文化や結束力を維持できるか否かが、組織の成長の最大のリスクにも、成長の機会にもつながります。
  • 職場を、単に従業員の固定の通勤場所として考えるのではなく、価値創造の原動力として再考する機会となります。

詳細な調査結果と Etlinger 氏がインタビューしたビジネス リーダーたちの考察については、こちらからレポートをダウンロードしてご覧ください。レポートは、中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポーランド語、スペイン語に対応しています。

シリーズ第 2 回目のレポートでは、人にフォーカスして考察しています。この 1 年間に起きたことによって、顧客、従業員、パートナーとの関わり方がどう変化したか。また、デジタル エクスペリエンスの構築によって、いかに相互の信頼関係を育むことができるかに焦点を当てています。さらに本シリーズの最後、第 3 回目のレポートでは、前例のないこの困難な状況下で、ビジネス モデルを変革していく機会について考察しています。

HIDE SHIMIZU

ブランドマーケティングマネージャーとして、オートデスクのブランドの資産としての価値を高めるために、ブランド戦略やソートリーダーシップ戦略の立案・構築・管理までの活動全般を担当。

0 Comments

'