twitter youtube facebook linkedin email

オートデスク ニュース

ニュース
about 1 month ago

ジェネレーティブ デザインの価格を変更:    効率的なクラウドとユーザーによる活用経験によって AI 駆動のデザインへのアクセスが拡大

オートデスクは、5 年以上前からジェネレーティブ デザインの研究開発に取り組んでいました。ジェネレーティブ デザインは比較的新しい人工知能駆動型のツールで、デザイナー/設計者の皆さまが優れた成果をスピーディーに得られるようサポートしています。

Read more

Recent Posts

オートデスク、クラウドベース PLM/PDM プロバイダの Upchain 社の買収を完了

インスタントオンを特長とした、クラウドベースの製品ライフサイクル管理ソリューション(PLM)および製品データ管理ソリューション(PDM)のプロバイダである Upchain 社の買収完了を発表することを大変嬉しく思います。

Autodesk Japan Communications

Autodesk AEC Excellence Award 10 周年記念 – 設計・建設分野におけるイノベーションを祝して

2021 年は、AEC Excellence Award(エクセレンス・アワード)が、10 周年を迎える大きな節目の年です。

オートデスクにはこの 10 年間で、世界 60 ヵ国以上から 1,100 件を超える作品の応募が寄せられました。そして建築設計、インフラ設計、建設・施工の各分野における大小さまざまな 80 件以上のプロジェクトが業績を高く評価され、受賞してきました。

Autodesk Japan Communications

オートデスクとホンダデザインセンター、戦略的提携の下 デザイン業務のさらなるデジタル化の加速を目指す

オートデスク株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長 織田 浩義、以下、オートデスク)と株式会社本田技術研究所 デザインセンター(所在地:埼玉県和光市/センター長:南 俊叙、以下、ホンダデザインセンター)は、2017 年に締結したエンタープライズビジネス契約(EBA)を経て、今般、戦略的提携の新たなフェーズを開始しました。

Autodesk Japan Communications

生まれ変わった AutoCAD

設計生産性、柔軟性、信頼性を備えたすべての機能を魅力的な価格で日本向けに提供開始

Autodesk Japan Communications
ノートルダム大聖堂の修復にデジタル技術、BIM を採用

フランス・パリにあるノートルダム大聖堂の保全と修復を担当する公施設法人は、オートデスクより正式な支援を受けることを発表しました。

プロパティデータバンクとオートデスク、不動産管理に対応した BIM 連携機能の開発を完了

プロパティデータバンクとオートデスクは、不動産クラウドサービス「@プロパティ」のオプション機能としてサービス提供を開始しました。

Autodesk Shotgun が、「アカデミー科学技術賞」と「技術・工学エミー賞」をダブル受賞

2020 年度の「アカデミー科学技術賞」が、Shotgun に授与されることが発表されました。

オートデスクの後援で独立機関が実施した調査レポート シリーズ: ネクスト ノーマルにおける成長戦略について

オートデスクは、ニュー ノーマルにおけるビジネス成長戦略をテーマとした 3 部構成の調査レポートの第 1 回目を発表しました。

YKK AP、Autodesk Revit 向けビル商品の BIM パーツを公開

YKK AP は、Autodesk Revit で利用できるビル主要商品の BIM パーツを公式ホームページにて公開しました。

オートデスク、ジェネレーティブ デザインでヒョンデの未来の「歩く車」を強化・軽量化

「車とロボットを組み合わせたとしたらどうなるのか?」 ヒョンデ グループのジョン・スー副社長のこの問いに、多くの人はこう答えるでしょう。「トランスフォーマーだ!」

Browse

No more articles.
Load More
'